<< フォトジェニック | main | HSP >>
ヒモトレ

昨夜はヒモトレ考案者、小関勲先生の新刊出版イベントに参加した。

 

前回の甲野先生のイベントでも野口整体と通じる話が多かったが、この日の小関先生のお話も興味深く聞いた。

 

 

「背後の感覚と全体性」

 

ヒモをたすきがけすると体全体がまとまって動くようになるので、体幹の力で重たい物も楽に持てるし、手足の可動域も広がる。

ヒモを巻いた時、背中の意識が敏感になるのが特徴的で、顔から前の全面だけを使おうとしがちな体の使い方が良い意味で制限される。

背中に意識が向くだけで姿勢が良くなるし、背中を使うという意識で動くと整体も上手になる。

 

 

「制限した方が楽になる」

 

パソコンに向かう時などに、肩の少し下辺りで体をヒモでぐるっと巻いてしまうと、腕の過剰な動きが制限されて肩が凝りにくいという。体全体を使うと全身が疲れるような気もするけれど、部分的に使う方が負担は大きい。

 

茶道や書道と同様、整体も腕力を使うのは御法度で、整体の型はすべて腕の動きを制限するように出来ている。腕力を使うと負担が大きく出せる力も弱い。何より腕に力が入っていると触れられる人が体を固めるので施術がしにくくなる。

「便利に使え過ぎる腕」を長年使っていた習慣を変えるのには時間がかかるけれど、ヒモを巻くと容易に変わるのでなんだか拍子抜けしている。

 

 

「過緊張と過弛緩」

 

前にならえの姿勢で腕を前に出す時、指先までピンと張って前に出すと楽に出せる。ただ、腕を前に出した状態で手首をだらんとさせる(弛緩させる)と、とたんに肘の前後が重たくなる(緊張する)。

体のどこかに弛緩した場所があると、そこが使えない分他の場所に負担がかかって緊張するという仕組みがある。

 

緊張している場所はよく使える、よく動く場所で、首を動かすと痛い場合でも首自体に異常はなく、お腹が硬くて動いていないせいで、よく動く首に負担がかかって痛いという場合がある。

 

緊張と弛緩の見極めは整体で重要視する。

背骨でいうと、緊張している背骨はよく動き、凹んでいる。弛緩している背骨は弾力がなく、飛び出している。

食べ過ぎて胃が痛い、これは緊張している状態である意味正常な状態。慢性的に食べ過ぎて痛みも何も感じない、これは弛緩している状態で整体は弛緩の調整にウエイトを置く。

胃と関連のある胸椎6番が飛び出していると弛緩しているので、調整すると働き出して排泄(好転反応)が促される。

食べ過ぎで緊張して強張っている肩や背中を揉むのが対症療法なら、弛緩している臓器を働かせるのは根本療法といえるかもしれない。

整体は癒しではなく弛緩した体に活を入れている。

 

 

「個性の過剰な偏りが緊張を生む」

 

「人それぞれの体の使い方に癖がある。それは個性であり矯正することは出来ないから、癖を知り、いい塩梅の付き合い方と使い方を探っていくのがヒモトレの醍醐味」というお話もあった。

個性の過剰な偏りというのは整体でいうところの体癖で、頭をよく使うタイプの人の偏った疲労が特定の部位に緊張を生む。

人それぞれの癖、偏りを表に出さないようにするという点でヒモトレと型稽古は共通しているように感じる。型を身につけるというのはある種自我を消すというか、誰もが同じようにフラットに体を使えるようになるということ。個を消すことを美しいと感じるのも日本人の特徴かもしれない。

 

 

「連動」

 

腱鞘炎や指先の動きも、腕にヒモを巻くと良くなるというお話もあった。

痛い場所を動かした時に、それに連動して動く部分があるので、そこを調整するとより回復が早い。

手首の腱鞘炎の場合、手首と繋がりのある足首を調整して良くするという手法もある。腕の疲労がある場合はやはりこれも腕の疲れと繋がりのある腰椎5番(腰)の調整を合わせて行う。

 

 

「弛緩部位へ意識を集める」

 

前腕部、上腕部にヒモを巻くと腕の力が上がるのを体験した時、これと似たようなことを修行時代やっていたのを思い出した。

腕相撲をしている二人のうち負けている人に注目。その人の体の使えていない部分、意識の薄い部分を見つけてそこに洗濯バサミを付けて意識させ、勝たせるというもの。緊張している部分は縮んで見え、弛緩している場所はぼや〜んと広がっているように見える。

腕だけで頑張っている時、お腹や背中、特に足首など下半身の意識が抜けやすい。肩こり、腰痛なども目の疲れや食べ過ぎが原因の他に「下半身がうまく使えていない」ことがある。下半身がうまく使えないと、上半身で過剰に頑張る必要があるため、凝ったり痛めたりするのだ。

ヒモを巻いて背中、丹田が意識できると自然と下半身が使えるようになるので、肩こり腰痛が和らぐのも納得できる。

 

 

型を身につけるのにはそれなりの年月がかかるのだけど、ヒモは型を身につけるのに役立つ。

ヒモトレ、修行時代に知りたかった…!!

 

小関 勲
株式会社 日貿出版社
¥ 1,728
(2017-05-19)

よもやま話 17:05 comments(0)
COMMENT












整体の施術・教室
芳田整体
こんな人が書いています
最近の記事
昔の記事
ありがたいお言葉


SPONSORED LINKS